オールインワンジェルを長年使ってますが・・・

年齢に応じたスキンケアはシンピストで解決!

オールインワンジェルなのでとても楽ちん

シンピスト キャンペーン

脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

人体には、褐色脂肪細胞と、白色脂肪細胞という2種類の脂肪細胞があります。白色脂肪細胞の特徴は、体に必要なエネルギーを溜め込んでいることです。これに対して、褐色脂肪細胞は脂肪を燃やしてエネルギーにする機能そのものを担う細胞組織です。脂肪細胞は太りやすい体質かどうかに関わってきますが、説明するまでもなくタチが悪いのが白色脂肪細胞です。脂肪細胞の特徴として、一度増加してしまったら、その後、体重を減らしても細胞数を減らせないというものがあります。ですが、体重が増えればそれだけ脂肪細胞はますます増えていくのです。少なくすることはできませんが、多くすることはできるので、結果的にどんどん脂肪細胞の個数が増えます。ただ何も打つ手が無いわけではなく、脂肪細胞自体の数は減らすことができなくても、脂肪細胞の大きさを小さくすることは十分に可能です。日々の食事に配慮しつつ、運動を習慣づけてカロリー燃焼を活発にすることで、脂肪細胞のサイズダウンをはかることができます。そして脂肪細胞が常に小さい状態に維持していれば、すぐに太ってしまう心配はありません。普段から規則正しい生活を送り、間食はできるだけ我慢して体にいい食事を摂り、運動を習慣づけることで体質は改善できます。脂肪細胞が多い人は太りやすい体質ですが、健康的な生活を送って細胞の大きさを小さくすることで、体重が増えないようすることができます。

メタボ対策とは

メタボリックシンドロームという言葉を聞くことが多くなってきています。近年では、メタボの怖さをアピールされる頻度も多くなり、健康診断でメタボ予備軍と診断されることもあって、メタボの対策を感じている人は少なくないようです。メタボについてあまりよく分かっていない人もいると思うので、少しメタボとは何かについて説明しましょう。メタボリックシンドローム、略してメタボは、体内に蓄積されている内臓脂肪が多い状態のことです。メタボになると、高血糖、高血圧、脂質異常などを引き起こして、これが続くと肥満症、糖尿病、高血圧症、高脂血症などになってしまいます。メタボが進むと高血圧や高血糖の症状も悪化し、場合によっては心筋梗塞や動脈硬化などの深刻な症状を引きおこしてしまいます。死につながるような病気にならないようにと、メタボの対策をしようという事が言われるようになってきているわけです。メタボになりやすいのは、外食やレトルト食の頻度が多かったり、食べ過ぎやながら食べの傾向があったり、運動量が不足している人です。普段の生活習慣を見直して、日頃からメタボリックシンドロームの対策をすることで、病気になることを事前に予防できるようになるのです。もしかしたらメタボになっているかもしれないけれど、判断方法を知らないという人もいます。メタボかどうかを知る基準は、腹回りのサイズと、血圧や血糖値などを測って出た数字から見極められます。高血糖になっているけれど、後の2つには当てはまらない場合もあるでしょう。高血圧の症状はあるが、他の症状はまだ無いという場合は、メタボ予備軍と呼ばれています。メタボ予備軍と診断されたら、いつメタボになってもおかしくないということなので、対策を考えなければいけません。

小顔になるためのマッサージ方法

小顔になれるには、どんな方法を実践するといいでしょう。マッサージは、小顔になれるいい方法だと言われています。顔がむくんで見える理由は様々ですが、最も大きいものとしては、リンパ液の停滞が挙げられます。むくみのない顔になるためのマッサージは、小顔になれるという効果が期待できます。もし、あごを引いた時に二重になっていたなら、マッサージで解消するといいでしょう。小顔になれるマッサージには多様な方法が存在します。首をもみほぐすこともいい方法です。両方の鎖骨にあるくぼみを、親指以外の4本の指で横に10回くらい撫でます。同様に、あごの下から首の後ろにかけて指を動かします。首の後ろから下に下がり、鎖骨のリンパ節への循環をよくします。顔をマッサージする場合は、小鼻の両サイドと、唇の下を、下方向に5回指を動かします。両頬から耳の生え際、額から頭頂、眉間から両目からこめかみ部分にかけてマッサージを5回ずつ行ってください。皮膚をこすらないように、マイルドに指圧をすることが、小顔になれるマッサージのコツです。心を楽にしながら、マッサージをすると効果が高まります。毎日決まった時間にマッサージをして、小顔になれる方法を実践していきましょう。小顔になれるマッサージの方法を、マスターして毎日コツコツと続けましょう。

ウエストのくびれを作るためにはひねる動作を意識することがポイント

ウエストをくびれさせるためには、体重を落とさないといけないと思っていませんか。ですが、体重を減らさずともウエストのくびれをつくることは可能です。ウエストをくびれさせるためには、腹斜筋という部位を鍛えることがポイントです。腹斜筋を鍛えるには、腹筋運動では不向きです。つまり、ウエストくびれには、腹筋運動は効果が乏しいと言われています。上半身を左右にひねると、腹斜筋が伸縮します。体に対して斜めに接続している腰まわりの筋肉です。毎日腹斜筋を鍛える運動をすることで、徐々にウエストくびれが確認できるようになります。時間を決めて毎日実践することも大切ですが、普段の生活の中でもウエストを鍛えることができます。ウエストくびれをつくるために、普段の動作の中でウエストをひねる機会を増やしましょう。ウォーキングは全身運動になるので、歩くときに腰をひねることを意識すると、ウエストのくびれつくりにつながります。胸を張り、腕を引いて骨盤で上半身を支えることで、自然なひねりがウォーキング時にできるようになり効果がアップします。美しいボディラインを自分のものにするには、適度にウエストがくびれていることが理想的です。くびれの美しいウエストになるためには、腹筋運動より、腰のひねりによる腹斜筋トレーニングが効果を発揮します。